Browse By

環境保全のソーシャル管理モデルを検討

地球温暖化防止、生物多様性の保全、資源の循環利用の観点からみると、地球環境の悪化はいまだ歯止めがかかっていない状況にあり、社会経済活動と自然環境との共存を早期に実現できる循環型社会の形成に向けて、行動しなければなりません。

自然環境との共生を実現するには、政府・自治体の行政の努力だけではなく、地域資源の利活用、環境保全など活動を通じ、地域社会の活性化と地域の環境変革を齎す地域の住民の活躍が必要不可欠だと考えています。

しかし、多くの環境組織は情報のデジタル管理の仕組みを持たず、環境保全活動を通じて蓄積した情報を世間に発信せず、継続的に環境保全の活動に利活用できないケースもよく有ります。

本事業はIT技術を活用したクラウドシステムを構築し、日常の環境変化を把握している地域の方々が環境保全、防災、保安など地域管理活動に参加できるソーシャル環境管理モデルを検証したいと考えています。

環境保全のソーシャル管理モデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*